「ダ・ヴィンチ」登場&米光一成の『デジ夢』2006年03月06日 19:38

おお、3月か、もう。
ちょっと更新サボってましたが、
ありがたいことに、「R25」「レタスクラブ」「クロワッサン」などにも取り上げていただき、
『日本文学ふいんき語り』の評判はどんどん広がっておりますよ!

そして、ついに!
今発売中の「ダ・ヴィンチ」に、高橋源一郎さんと「ふいんき」ゲーム脳野郎3人のコラボが掲載されてます、カラー4Pだよ、わーい。(取材の模様はこのエントリで)
ホンモノの文豪といっしょに「文豪気取り」のポーズを決めた3人の写真もぜひ見てやってください!
カフカの『変身』がどんなゲームになっちゃったのか?
あいかわらずバカまるだしの会議になりましたが、
読みどころは、そこに意外にノリノリで参加する源一郎さんですよ!

そうだ、忘れちゃいけないお知らせが!
ゲーム脳野郎のひとり、米光一成の新刊が出ました。
その名も

『デジタルの夢でメシを食うためにボクらは!』

……長い、タイトル長いよ、米光さん。
まあ、平田オリザのこの本よか短いけども、とても正確には覚えられないので、当ブログでは『デジ夢』と略させていただきますよ。

『デジ夢』は、米光一成が池袋コミュニティカレッジでおこなった「デジタルコンテンツ仕事術」の中から、ゲストを招いた授業を大幅に加筆して再録したもの(註やコラムも書き下ろし)。
そのゲストとして、麻野一哉、飯田和敏も登場。
ゲーム作家としての志向とか、ゲーム観とか、デジタルコンテンツのおもしろさとか、『日本文学ふいんき語り』で見せるのとはまた違う

オレら本業もちゃんとやってんねんで!

といった顔がのぞけてたいへん面白いと思います。
こういうゲームつくってるから、このひとはこういう読みかたするのかあ、なんて、ふいんきファンにとっては謎とき本みたいに
きっと興味深いでしょうし、
もちろん、ゲームやwebなどデジタルな仕事に興味のあるひとも必読です。

他の出演者などは米光一成のブログのココを見てくださいね。

かわいい三島由紀夫2006年02月22日 01:01

三島っち三態。

宮部みゆきさんの手描きPOP登場!2006年02月17日 00:14

いやー。
信じられないです。
『日本文学ふいんき語り』のために、
作家の宮部みゆきさんが、書店用POPを描いてくださいました。
ごじぶんの本のじゃないんですよ!?
海外ミステリでも、新進気鋭のミステリ作家の本でもないんですよ!?
ゲーム脳野郎共の大バカ座談会本を推薦してくれたんですよ!?
もちろん、広告代理店とか一切関与してないんです。
純粋な「ご好意」から描いてくださったんです。

ああ。
ものすごく自慢げな書きぶりなので、
なんだオマエ? アホか?
と思うかたもおられましょう。
わたしも落ち着きたいです。でもねえ、今晩ばかりは許してよ!
こちとら編集者生活20年のおばはんですが、
こんなことって起きるもんじゃないですもん!

ことのはじまりは、このエントリでご紹介したように、
宮部さんに「週刊大極宮」で『日本文学ふいんき語り』ほめていただいたことからはじまります。
あまりにも感動した双葉社・担当H野は、宮部さんにお礼のお手紙を書きました。
その後、偶然パーティやイベントなどで宮部さんと会う機会を得、

●こころのそこから、『日本文学ふいんき語り』を応援してくださってること。
●真っ当な書評であると評価されてること。
●いちばん好きなのは『こころ』の章。つい『こころ』を引っ張り出して読み返してしまったほど楽しんだということ。

などを直にうかがい、興奮。頭に血がのぼった挙句、

「ぽ、POP用の推薦文を書いていただけないでしょうかっ!?」
ダメもとで頼んでみたらOKだったと。
で、更に、鼻血をタラタラ流しながら、
「で、できれば手描きで……!!」
と言ってみると、あっさり「いいですよ」と。
で、速攻で書いてくださった推薦文がこれだという。

作家を目指すあなた。
ゲームクリエイター志望のあなた。
小説もゲームも もっともっと
楽しみたいとお望みのあなた。
必読の書です!!

宮部みゆき


“必読の書です!!”
(じーん)

よかったら、どんどんもってってね!(ブログやサイトに貼ってくださったりすると超うれしい!)
そして、
このブログを読んでくださってる中に
書店関係のかたがいらしたら、
メールください。送ります!
kaeru@box.email.ne.jp
都内および近郊でしたら、直接もっていきますよ!
お望みでしたら、著者も誘っていきますよ!
ああ、地方にももっていきたいよ!
双葉社さん、営業行脚させて〜〜〜!!!
あ、宮崎市内および近郊でしたら、うちの家族が行きますよ!